1. HOME
  2. ブログ
  3. リフォーム事例
  4. 和室を洋室に、間仕切りをとって大型リビングに間取り変更

BLOG

ブログ

リフォーム事例

和室を洋室に、間仕切りをとって大型リビングに間取り変更

リビングをキッチン側方向に見る

和6+洋6×2の3LDK(12帖)より、洋6×2の2LDK(18帖)の広いLDKの間取りの方が人気があります。

その理由は家族構成の変化で、例えば、ご夫婦のみ、又は、お子さんがおひとりというご家庭が増えたことによります。家族それぞれが個室という感覚より、広い部屋で一緒にというライフスタイルが人気なのです。

リフォーム前

リフォーム前は、6帖の和室とリビングに区切られていた物件です。

リビングと和室

リフォーム後

仕切りの壁が取り払われたことで、窓からの採光が多くなり、お部屋全体の明るさが増しました。また、フローリングの色合いをホワイト系にしたことで、広くなったお部屋がさらに広く見えます。そして、柱や梁部分のクロスをデザインクロスで仕上げたことで、引き締まった印象もあります。

広くなったリビング

押入れだった場所には、クローゼットとガラス棚を造作しました。使い勝手とインテリア性がどちらもUP!

クローゼットと作り付け戸棚

部屋と部屋の仕切りや敷居の段差がなくなったことで、家具や家電のレイアウトが自由自在になりました。

リビングをキッチン側方向に見る

ポイントまとめ

今回のリフォーム事例のポイントをまとめます。

  • 同じ平米数なら部屋数よりも一部屋の広さ
  • 和室より洋室
  • 間仕切りが無くなって採光がアップ
  • 押入れよりクローゼットの方が、現在の収納事情に適している
  • フローリングをホワイト系にしてより広く感じる

 

 

関連記事